Macのリンゴマークから進まない、電源が落ちる場合の故障箇所は?


先日iMacが起動しなくなってしまったという方より修理の依頼をして頂きました。

 

【故障内容】
電源を入れるとリンゴマークが出ると思いますが、しばらく待つと下にゲージが出てきてゲージが貯まる頃には電源が落ちてしまい起動できない状態です。
中古で購入し問題なく使えておりましたが、ある日突然起動できなくなってしまいました。

 

 

上記のお問い合わせ内容でMac修理の依頼がありましたが、Macが到着しまずは内容の確認です。

リンゴマークから進まない


電源を入れると確かにリンゴマークが出てきてゲージもたまっていくのが確認できますが、そのまま待機しているとやはり電源が落ちることを確認しました。
このゲージがたまって電源が落ちてしまう症状は今までに何件も見てきておりますが、リンゴマークから進まない場合は確実にここが故障しているとは断言できないのです。

過去の実績であった故障内容は、ハードディスク故障、OS故障、ロジックボード故障、ケーブル故障など様々ありますので1つづつチェックをする必要がございます。
パソコン修理の基本になりますが、簡単に故障の切り分けができる部品交換をしていく事で短時間で調査は可能です。

今回は一番調査が簡単になってくるハードディスク故障を疑い、iMacを分解をしハードディスクのみを取り外しました。
テスト機にハードディスクを設置し様子を見ると完全な故障ではないが劣化している感じでした。
お客様に今までメンテナンスをした事があるのかを確認をした所、一度も修理やメンテナンスをした事がないとの事でしたので、やはり!といった感じですね。

 

iMac ハードディスク交換


iMac A1311のハードディスク交換とデータコピーをし電源を入れさせて頂きましたが、リンゴマークから進まない症状は改善されました。
画像のように正常にOS起動画面になっている事がわかると思います。
万が一ハードディスク交換やOSの再インストールをしても改善しない場合はどちらかといえば重症の部類に入ってきます。

調査にも時間はかかりますし、修理代金もそこそこしてしまう可能性がありますので覚悟が必要かもしれません。
ただしロジックボード系の故障の場合はハードディスク内のデータも同時に故障しているとは限りませんので、データを取り外し次のパソコンに移行させるなどやり方は色々とありますね。

今回のリンゴマークから進まない症状はiMacだけではなく、Macのノートパソコン ( MacbookAir、MacbookProなど ) でもありますので、ハードディスク故障や、OS故障をまずは疑って見てください。
比較的最近のMacでしたら電源を入れる際に「command + R」でディスクユーテリティの画面が出ますので、そこでディスクの修復などを試して見るのも1つの方法です。

 

Macがリンゴマークから進まなくなってしまった場合の修理料金は?

故障箇所にもよりますので一概には言えませんが、今回のハードディスク交換であれば2万円台からになります。
ハードディスクも3.5インチのままやSSDに変更する事はできますが、容量次第で費用は異なると思って頂ければと思います。
逆にロジックボード系の故障でリンゴマークから進まなくなってしまった場合は、ロジックボード修理、ロジックボード交換で費用は大きく異なります。
交換になってしまうと5万円以上かかってしまう為に年式次第では本体の買い替えをした方が無難な場合もありますのでその時の予算次第ですね。

 

Macのリンゴマークから進まない場合の修理納期は?

故障箇所がすぐに特定できてしまえばMacをお預かり後数日程度で修理は完了となります。
今回のようなハードディスク交換、データ移行だけでしたら数日程度ですが、ロジックボード系の故障になると数週間はかかりますので時間に余裕を持って依頼をしてください。

 

ハードディスク交換の詳細はこちら