停電により電源が入らなくなったiMacの修理 電源ボード交換


先日停電によりiMacの電源が入らなくなってしまったという方より修理の依頼をしていただきました。

【お問い合わせ時の内容】
嵐で停電後まったくたちあがらなくなりました。

 

上記のお問い合わせをして頂きましたが、内容の限りでは調査をしてみないと確かな事がわからないために一度お預かりをさせていただく形になりました。

 

停電によりiMacの電源が入らなくなる理由とは?

これはiMac以外にも言える事になりますが、停電になると家庭の電気関係はブレーカーの制御で落ちるようになっております。
ですが、停電が解消されると勝手に電気がついたり、ブレーカーを上げる事で今まで通りに電気として使う事ができますが、ついさっきまで使えていた家電が使えない場合はショートした事で壊れてしまった確率が高くなります。

iMacの場合も同様ですが、内部でショートしてしまった可能性がありますので修理が必要です。

 

停電で壊れてしまったiMacの故障箇所はどこだったのか?

まずは以下の画像をご確認ください。
iMacの下にあるパーツは今回故障していた電源ボードになります。

 

iMac 電源ボードの故障


 

停電によりiMacが壊れてしまう場合、電源ボードかロジックボード故障の可能性が高いですが、今回のiMac A1224に関しては電源ボードの交換のみで改善するようになっております。
電源ボードはロジックボードに接続されているパーツになりますので、運が悪いとロジックボードまで故障してしまうこともありますが、ロジックボードは無事であったために比較的安く修理ができたのではないかと思います。

別件ですが、ハードディスクから異音が出ておりました。
おそらく今まで1度もハードディスク交換をしていないと思われましたので早めのバックアップをした方が良いですね。

 

iMac A1224の修理にかかった費用は?

今回は電源ボードの交換となりましたが、約2万円で直す事ができております。
機種が今となっては少し前になりますのであまり高額になってしまうようでしたらバックアップを取り買い替えをオススメしております。

 

当社では少し前のiMacでも問題なく対応しております。
ただし国内で部品の調達は難しいために海外より取り寄せをすることもありますので、修理の依頼をしていただく場合は時間に余裕を持って依頼をしてくださいね。
ちなみに今回の場合は偶然部品にも在庫がありましたので1日で完了する事ができております。