Macが再起動を繰り返す原因と解決するための対処法


パソコンで不具合が起きてしまったときに行う事の多い再起動。

本来OSやインストールしているソフトの不具合を解消するためにおこなう再起動ですが、Macには再起動自体が繰り返される不具合も存在します。

この不具合がおこると立ち上がったと思ったそばから再起動を繰り返すので、実際に起きるとかなり焦ってしまう方が多いようです。

ですが、正しい対処法で対処してあげることによってこの不具合を解消できる場合があります。

そこで今回は、Macで再起動を繰り返す不具合が起きてしまったときに試してほしい対処法について詳しく紹介していきます。

実際に再起動を繰り返す不具合が起こってしまった場合は、焦らずこれから紹介していく対処法で対処してみてください。

 

Macが再起動を繰り返す原因は「カーネルパニック」

まず初めに、なぜMacが再起動を繰り返してしまうのか、その原因について簡単に説明していきます。

Macを使用しているときや立ち上げた側から再起動を繰り返してしまうような不具合は、「カーネルパニック」と呼ばれています。

Macのオペレーションシステムの基盤を支える部分をカーネルと呼びますが、このカーネルがMac内で修復不可能な問題が起きてしまったときMacを再起動させるという役割も持っているのですが、何かしらの原因でこの判断が繰り返されてしまうとカーネルパニックとなり、再起動が繰り返されてしまうわけです。

 

カーネルパニックが起きたらまずは画面の指示通りに再起動をおこなおう


実際にカーネルパニックがおこると、

「問題が起きたためコンピュータを再起動しました。このまま起動を続ける場合は、いずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ち下さい」

というようなメッセージが画面に表示されます。

この場合、まずは画面に表示された指示通りに対応を進めてください。

いずれかのキーを押すか、数秒間そのまま何も操作をおこなわず放置しておきましょう。

そうするとMacが問題なく起動される場合もありますが、再起動を繰り返すだけで先に進まない場合はロジックボード故障ハードディスク故障の疑いがありますので修理が必要になる可能性が高いです。

 

カーネルパニックを防ぐにはソフトウェアをこまめにアップデートしよう


再起動が繰り返される厄介なカーネルパニックですが、実はその原因はMacに入っているソフトウェアが原因の場合もございます。

Macに入っているそれぞれのソフトウェアは、不具合の解消や機能の追加などを目的としたアップデートがおこなわれています。

通常であれば、アップデートを適用しソフトウェアを最新の状態に保っていた方が良いのですが、何らかの理由でアップデートをおこなわずソフトウェアが古い状態のままになってしまっていると、カーネルパニックが引き起こされてしまうわけです。

逆に言えば、Macに入っているソフトウェアを常に最新の状態に保つようにしておけば、カーネルパニックが引き起こされる可能性を限りなく低くすることができます。

そのため、カーネルパニックが発生してしまうのを避けたいのであれば、Mac内のソフトウェアは最新の状態を保っておくようにしましょう。

 

Macの再起動が頻繁に繰り返される場合は?


画面に表示される指示に従っても不具合が解消されない場合や一度症状が改善されたにもかかわらずしばらく期間をあけるとまた再起動が繰り返されてしまうようであれば、修理を検討した方が良いでしょう。

というのも、個人では対応できないような箇所に不具合が発生してしまっている可能性があるからです。

その場合、該当箇所の修理をおこなわないと今後も再起動が繰り返されてしまう可能性があるので、早めに修理をおこなうようにしてください。

Appleに原因の診断と修理を依頼する

MacはApple社製の製品なので、Appleに修理を依頼するのが一番です。

不具合の原因となっている箇所にもよりますが、Apple社が提供しているAppleCareに加入しているのであれば格安の料金で修理を依頼することができます。

Appleに修理を依頼する場合は、Appleの直営店に連絡を入れるか公式サイトから問い合わせるようにしてください。
正規店で直す場合はデータの消去が考えられますので、そのあたりについては確認をした方が良いですね。

Appleの修理をおこなっている業者に原因の診断と修理を依頼する

Apple社の製品であるMacの修理はAppleに依頼するのが一番ですが、もしAppleCareに加入していなかった場合、その修理費用は高額になってしまう可能性があります。

そのため、AppleCareに加入していないのであれば、Apple以外の業者に修理を依頼することも検討するべきです。

修理にかかる費用は業者によって異なりますが、ほとんどの業者はAppleに修理を依頼するよりも安く修理を請け負ってくれるので、費用を抑えて不具合を直すことができますよ。

ただし、正確な修理費用がわかるのは修理をおこなった後だったりすることも少なくないので、事前にいくらぐらいかかるのかなどをしっかりと確認しておくようにしましょう。
ちなみに当社で修理をした場合、Apple正規店の半額から3分の1程度の修理代金で修理ができていることが多いです。

 

まとめ

Macで再起動が繰り返されてしまうような不具合は、Macのオペレーションシステムの基盤を支えるカーネルに不具合が発生してしまっている可能性が非常に高いです。

ただしカーネルの不具合に対して個人がおこなえるような対処法は決して多くはないので、今回紹介してきた方法で直らない場合は早めに修理に出すことを検討した方がいいかと思います。

また、Mac内の各ソフトウェアが最新の状態でないと再起動が繰り返されてしまう不具合(カーネルパニック)が起きる可能性が高くなるので、ソフトウェアのアップデートはこまめにおこなうようにしてくださいね。