Macbook Proのキーボードが外れた修理


Macbook Proをお使いの方よりキーボードが外れたとの事で修理依頼をして頂きました。

【故障のお問い合わせ内容】
以前よりキーボードの1箇所が外れた状態でしたので外付けキーボードで代用しておりました。
さすがに使用するのが不便なために修理をお願いできればと思っております。

 

Macbook Proをお預かりさせて頂き状態の確認をした所、Enterキーのすぐ横1箇所のみが外れてしまっている状態でした。
キーの下はパンタグラフ、鉄の金具、ゴムで構成されているのがほとんどになりますが、
ゴムが外れてなくなっているのとパンタグラフ折れ、金具折れを確認いたしました。

Macbook Pro キーボードが外れた


パンタグラフがなくなっているだけでしたら部分的な補修で対応できる確率は高いですが、金具が折れたり曲がってしまったりすると補修はできないためにキーボード全交換が必要です。
インターネット上で「自分でキーボード外れを直した!」という記事を見かける事がありますが、この場合は部品に損傷がない場合ですね。
今回の場合はキーボード全体交換となりましたが、メーカーではTopcase交換になってしまうと思われますので費用は高額です。

 

2


Macbook Pro A1286のキーボードのみを交換させて頂きました。
キーボード交換後は正常に入力ができるのかを確認し問題はないために修理は完了しております。
ちなみに今回のA1286のキーボード交換をするのに外したネジの量は全部で50個から100個はありますが、キーボード自体はネジ50個以上で止められております。

 

Macbook Proのキーボードが外れた場合は自分で対処できるのか?

部品に損傷がなく、ただ外れた場合であれば対処できると思います。
ただしそのまま押し込んでしまうと内部の爪が干渉してしまう場合があり壊れてしまう可能性がありますので注意が必要です。
内部の構造をよく確認すれば取り付けはできるとは思います。

逆に内部の爪が折れてしまったりしていると修復はかなり難しいです。
よくボンドで止める方はいらっしゃいますが、通常の強度にはならないためにしばらくすると外れてしまうでしょう。

また、キーボードの1箇所だけが反応しなくなってしまったのでそこだけを修理したいとご相談をいただく事がありますが、キーボードの基盤は裏で繋がっているためにこの場合はキーボード全交換が必要となりますので、自分でキーボード交換を行うか修理に出すしか対応方法はありません。

Macbook Proのキーボード交換詳細はこちら