Macbook Pro 15 バッテリー交換、劣化


Macbook Pro 15インチをお使いの方よりバッテリー交換の依頼がありました。
修理の依頼をしてくださった機種はMacbook Proの上位モデルになるRetina15インチになりますが年式は2012年モデルになっております。

バッテリーが劣化する時期としてはまだ早いと思いますが、Macの使用頻度でバッテリーの劣化具合は異なりますね。

以下はMacbook Pro 15インチのバッテリーのみを交換させていただいた状態ですが、特に問題なく作業ができましたので1時間以内でバッテリー交換をする事ができております。

 

macbook pro 15バッテリー交換


 

MacbookPro Retinaモデルのバッテリー交換について

まずMacbook ProとMacbook Pro Retinaではバッテリー自体は異なります。
Retina以前のモデルの場合はバッテリーはネジで固定されていただけですが、Macbook Pro Retinaモデルはねじ止めと強力な両面テープで固定されております。
ですので修理店によってはバッテリー交換のみでは対応してくれずトップケースごとの交換になるために修理代金はものすごく高くなってしまいます。

当社ではバッテリーのみの交換で対応しているためにトップケース交換の見積もりと比べると半額程度の費用でバッテリー交換を行う事ができております。

Macboo Pro Retinaモデルのバッテリー交換は自分でできるのか?

正直難しいと思います。
今となってはMacbook Proのバッテリーも以前に比べると簡単に仕入れできるようになっておりますが、偽物も非常に多く出回っているために注意が必要です。
また、バッテリーの形状が似ていてもアンペア違いなどのバッテリーを使うとMacに高負荷がかかりロジックボードを傷めてしまう事もございます。
Retinaモデル以前のMacbook Proでしたら正常な部品さえ入手する事が自分でも交換可能と思いますが、Retinaモデルの場合は取り付けられている構造hが違うために修理店に相談をされた方が良いでしょう。

Macbook Proのバッテリー交換詳細はこちら