MacBook Pro 水没してから電源が落ちる修理


MacBook Proの水没による修理の依頼がありました。

 

MacBook Pro 水没修理の実績

【故障のお問い合わせ内容】
一月半ほどまえに、本体の背後から水をこぼしてしましました。
通気穴から、水がはいってしまいました。
振ると水がでたので、できるだけだしましたが、現在は立ち上がってすぐ、もしくは少し動いてから電源が落ちてしまう状況です。
修理が可能であれば料金を知りたいです。
との事でした。

 

水没修理の現状とは?

水没させたときに一番気になる事が、修理ができるのかと修理にかかる料金と思いますが、今までに何度もMacの修理をしてきておりますが、実機を分解してみないとなんとも言えないのが現状です。
水没の場合はどこまで水没して部品に影響が起きてるのかで修理にかかる料金もかなり差があります。
それでも概算見積もりを教えてほしいという連絡をいただくことはよくあるのですが、5万円から10万円などをかなり大幅な金額になってしまいます。
ですので分解調査をしてみないとある程度の料金の目安もお伝えできないのが修理店からの目線ですね。


MacBook Pro 水没させてしまった場合に一番厄介なトラブルは電源関係です。
今回の場合は途中で電源が落ちてしまうということもありましたが、ロジックボード故障が判明した場合が非常に高額な修理代金が考えられます。

まず、MacBook Proをお預かりし色々と現状の確認をさせていただきましたが、まずはバッテリー自体が水没して故障していることは確認出来ております。
水没で予想される流れとしては、キーボードに液体をこぼされそのままロジックボードやバッテリーといった流れで水没していくのですが、今回のケースではキーボードに関しては全てのキーで正常入力できることが確認できました。
ロジックボードに関しては水没しているも見受けられましたが、特殊洗浄することで対応することができましたので、今回の水没修理はバッテリー交換のみで対応することができました。

お問い合わせ内容では「パソコンを振ると水がでた」とありましたので、かなり大量の液体が入ってしまった感じがしましたのでバッテリー交換だけで直ったのはかなり奇跡に近いですね。
バッテリー交換だけで対応できた要因としては、早急な対応ができたことかと感じます。
夏場にMacを水没をさせてしまうとかなりのスピードで腐食が進んでしまいますので、万が一Macを水没させてしまった場合は当社のみならずに修理店ですぐに対応してくれる店舗を探されたほうが無難です。

当社ではMacの水没修理の実績が豊富にありますが、水没は時間との勝負となりますので故障でお困りの場合は一度ご相談いただければと思います。

 


お問い合わせ


八千代店