MacBook Pro 2016 タッチバーモデルのキーボード交換(日本語配列)


MacBook Pro 2016年モデルをお使いの方よりタッチバーモデルのキーボード交換依頼がありました。

【故障のご相談内容】
キーボードのみ破損
・キー紛失:U
・押しづらい等不具合:U、上▲ ※真ん中あたりのボタンが全体的に沈み気味
R~I、F~J、V~Mあたり
よろしくお願いいたします。
との事でした。

タッチバーモデルのキーボードはタッチバーなしと明らかに違う部分があります。それはキーボード最上段のFキーがないことです。
パソコン自体の外見は非常に似ておりますが、キーボードのパーツが異なりますね。

また、日本語配列からUS配列、US配列から日本語配列など異なった言語にする場合と、同じ言語のキーボードに交換(日本語から日本語)する場合は修理方法、金額が異なります。

タッチバー キーボード交換


タッチバーモデルのキーボード交換を行う際はロジックボードをの取り外しが必要ですが、画像はロジックボードや付随するパーツをすべて取り外した状態です。
この状態でキーボード全体を取り外していきます。


MacBook Pro 2016 タッチバーモデルのキーボード交換をさせていただきましたが、Macにもいろいろな修理がありますがTopクラスの大変さです。

よくキーボード交換をするとデータはどうなるのかと聞かれることがありますが、データの初期化などはせずそのままの状態となりますのでご安心下さいませ。

 

MacBook Pro 2016年のキーボード交換にかかった日数、時間は?

今回のMacBook Proの修理は宅配便を利用した修理となりましたが、修理の混み具合のありましたのでお預かり後3日にて返却のご連絡が出来ました。
修理にかかった時間は2時間弱はかかっておりますので、2016年モデルの中では一番難しい作業と思います。

MacBook Proのキーボード交換を行っている店舗はあると思いますがタッチバーモデルのみに対応してない店舗も非常に多いかと思います。
他店でお断りをされてしまった場合は当社まで一度ご相談いただければと思います。

 


お問い合わせ


八千代店