MacbookAir 電源が入らない修理


MacbookAirをお使いの偏り修理の依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
電源がはいりません。充電をしていると高温についてなります。
今は電源ボタンを押しても、何の動きもありません。

 

MacbookAirで電源が入らなくなってしまいお問い合わせを頂くことは非常に多いですが、
パターンとしては2つです。
1つめはジュースなどの飲み物をMacbookAir周辺に置いて謝って水没をさせてしまう事。
2つめは特に何もしていないのに急に電源が入らなくなってしまう事です。
今回の場合は2つ目の故障パターンとなりますが、電源が入らない症状は原因がわからないために調査をしてみないと修理期間、見積もり代金は判明いたしません。

過去の事例で多い故障箇所はロジックボード、電源ボード、キーボードのいずれかです。
キーボード?と思われがちですが、初代モデルを除くMacbookAirのキーボードは電源ボタン自体がキーボードについております。
ですのでキーボードが故障してしまうと電源も入らなくない状態になってしまいます。
故障箇所の特定は1箇所づつ切り分けを行うしか方法はありませんので地道に調査をしていく必要がございます。

Mac 電源が入らない

 


今回の場合は電源ボード自体が壊れていたために部品交換をさせていただきました。
電源ボード交換をした事で正常に充電、通電ができるようになり、MacbookAirが正常に使えるようになりました。

 

MacbookAirの電源が入らない!修理費用はいくら?

一番気になるのはやはり修理費用と思いますが、一番高額な修理費用になってしまう部分はロジックボード故障です。
ロジックボード自体を修理できてしまえば思ったよりは安く直せることもありますが、修理ではなく、ロジックボード自体の交換が必要になってしまうと5万円以上の費用になってしまう場合がありますので買い替えを視野に入れる必要性も出てきますね。
電源ボード、キーボード交換に関してはどちらも2万円から3万円台で直せておりますが、特殊部品でもありますので取り寄せが必要になってくることもございます。
ロジックボード修理はメーカーでは行なっておらず、メーカーの場合は直すという選択肢はなくロジックボード交換1択のみになってしまうために高額な見積もりになってしまうのです。

 

MacbookAirの電源が入らない場合の修理期間はどのくらい?

ロジックボード修理ではなく、電源ボード交換やキーボード交換で改善するようでしたら部品の在庫があれば当日修理から対応ができます。
ロジックボード修理になった場合でも軽傷でしたら数日程度の期間で直せていることも多くございますが、調査に時間がかかることもありますので、時間に余裕を持ってご依頼ください。

 

MacbookAirの水没により電源が入らない状態になってしまった場合は?

水没の場合はどこまで液体が回ってしまったのかが重要です。
大抵はMacbookAirのキーボードの隙間から液体が混入するのがほとんどですが、バッテリー、スピーカー、SSDなども同時に水没してしまう事もございます。
全ての部品交換が必要になってしまった場合は修理を諦めて新たに購入した方が安く済む事もありますので覚悟が必要です。
SSDが認識せず入っているデータ(写真、ファイルなど)をどうしても取り出したい方は別途データ復旧作業をさせていただきますのでご相談くださいませ。
水没させて電源が入らなくなってしまった場合は自分で直そうとはせず、専門業者に相談をした方が確実です。
水没は時間との勝負になりますので当社のみならず修理店に相談されることをお勧めいたします。

Macの電源が入らない修理実績はこちら