MacBook Pro A1989の修理 液晶割れ、ひび、表示不良


MacBook Pro A1989の液晶割れないパソコン修理の依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
画面を閉じる際にボールペンが挟まった状態で閉じてしまい、 液晶にヒビが入ってしまいました。 画面の表示でノイズの線が入ってしまっており、一応表示はできているのですが明滅したりするような状態です。
ディスプレイの交換になるかと思うのですが、お見積もりを頂きたいです。
よろしくお願い致します。
との事でした。

A1989 画面割れ


MacBook Proを宅配便で送って頂き状態の確認を致しましたが、向かって右側に液晶割れがあり横幅2cm程度の黒い帯が発生しておりました。
ですが、ほとんどの部分で見ることができるためにデータに関しては残っていることがすぐにわかりました。
故障の内容から判断致しますと液晶パネル交換だけで通常使用できる状態になると思われます。


A1989の上半身交換ではなく液晶パネルのみを交換しておりますが、正常に画面全体が映るようになりました。
当社では無駄のない修理を心がけているために、上半身交換(アセンブリ交換)の必要がない場合はパネル交換だけで対応しております。
結果的にそちらの方がトータルの修理代金としてお安くなります。

 

MacBook Pro A1989の修理日数は?

今回の MacBook Pro A1989の修理は持ち込みではなく歌が入るには使った修理方法となりましたがお預かりをした時にタイミングよく部品のストックがありましたのですぐに作業に取りかかることができております。
修理の混み具合もありましたが、お預かり後2日で修理完了の連絡ができたのでお時間掛かることなく直せたのではないかと感じます。
A1706、A1708、A1989などは部品のストックがあることが多いので画面修理であればお待たせすることなく対応できている場合が多くなります。

もし、当社まで持ち込みができる場合は最短当日修理で返却することも可能な場合がありますので、その際は予約の上でご来店をしていただければと思います。

 


お問い合わせ


八千代店

船橋店