Macが起動しない、フリーズの場合はSSD交換が必要かも?


先日Macbook Pro Retinaモデル15インチの修理依頼がありました。

 

【故障のお問い合わせ内容】
起動出来て画面は見られるが、時々フリーズする。
マウスもトラックパッドも矢印は動かせるが、クリック出来ない。
apple サポートにも連絡済ですが、原因がよく分かりません。
修理の場合の金額と日数を知りたいです。
出来るだけ早くお願いしたいです。

 

上記のお問い合わせをしていただきましたが、apple側でも原因の特定は難しいみたいですね。
当社でも内容の限りではここの故障と特定する事が難しいために一度パソコンをお預かりし調査をさせて頂く流れになりました。
他県からの依頼のためにMacを宅配便で送って分解調査を行いましたが、まず水没などの痕跡はありませんでした。
水没をしていると不特定多数の故障箇所が考えられるために調査は困難になってしまいますが、今回は問題なさそうなので1つづつのパーツを検証していきたいと思います。

まず、起動はできるが時々フリーズする内容は一般的にはOS故障、SSD故障あたりが一番考えられますが、お客様でバックアップを取られておりましたので初期化をしてみました。
ですが、なぜかいまいち挙動がおかしかったためにSSD自体の故障を考え検証した結果、SSD自体が故障(劣化?)しておりました。

Mac SSD交換


Macbook Pro Retinaモデル15インチのSSDはこのような形状をしている事で、どのSSDでも装着はできないようになっております。
最近の一般的なノートパソコンのハードディスクは2.5インチSATAですが、もちろん装着は不可能です。
どう形状のSSDを用意しない限りMacbook Pro Retinaモデルには装着ができません。
これは15インチだけではなく、13インチにも同じ事が言えます。
この時点でまずはお客様にご連絡をし、SSD交換、OSインストールをさせて頂き、正常に起動するようにはなりました。

次にもう一つの故障であるトラックパッドが押せない問題ですが、よくあるのがバッテリーの膨張により押せなくなっている事です。
ですが、裏蓋を開けた際にチェックをしましたが、バッテリー自体に膨張や、劣化はなさそうでしたので、トラックパッド自体の交換をしてみます。
トラックパッド交換をし、再度電源をONにして最初から調査をしていきましたが、全てにおいて正常に動作することを確認いたしました。

今回の故障箇所はSSD、トラックパッドという組み合わせでしたが、今までに何台もMacの修理をしてきておりますが、この組み合わせはなかなかないパターンです。
SSDも標準の2.5インチのハードディスクに比べると耐久性はありますし、トラックパッドも滅多には壊れるパーツではないために一体何があったのか当店でも疑問でした。

お客様に返却後は初期化の状態ですのでタイムマシンで復元をすれば今までのようにMacを使う事ができますね。
RetinaモデルのSSDは特殊ですが、以前のモデル(Macbook Pro)のハードディスクをSSDに交換するサービスも当社ではおこなっております。
以前に比べるとSSD交換も安くはなってきておりますので、動作が遅いと感じるようでしたらSSD交換をお勧めいたします!
 

ハードディスク交換の詳細はこちら