iMacのDVDが読み込まない、出てくる、入らない修理


iMac 21.5インチ A1311のDVDドライブ故障でMac修理の依頼がありました。

 

【故障のお問い合わせ内容】
DVDスロットにメディアが入っていない状態でスロットにメディアを入れようとするとメディアを半分程度入れたところでそれ以上入らない。
(何かに当たっている。短冊状に切ったハガキを入れてみると真ん中あたりが当たっているような感じ。ピックアップか何か当たっているのでしょうか?

 

他県からの依頼となりましたので当社までは宅配便で送って頂きました。
今回依頼のあったiMac A1311は2010年モデルになりますが、この後のモデルよりDVDドライブがなくなっておりますね。
iMacのDVDドライブはWindowsと違い吸込み式になっている事で壊れやすい印象があります。
上記のお問い合わせにもありますが、何かが当たっていてDVDが入らない場合、Windowsのようにトレー式でしたら自分で問題を解決できる可能性がありますが、iMacのDVDドライブの場合は分解が必要になるために自分で直すとなると容易ではありません。

 

iMacのドライブを交換させて頂きましたが、内蔵タイプの場合はこのような形状になっている事がほとんどです。
DVDドライブを新しく用意したパーツに交換しチェックをした所、問題なくDVDを読み込むようになりましたので今回の故障箇所はDVDドライブであった事がわかります。

iMac A1311 DVDドライブ交換



【iMac DVDドライブのお役立ち情報】

よくある話ですが、MacにDVDを入れてしばらく待っても読み込まないためにDVDの取り出しをしようとして出てこなかった経験はないでしょうか?
もしそのような場合でお困りでしたらDVDがドライブに入ったままで結構ですので一度電源を落としてください。
次にマウスをクリックした状態で電源ボタンを押してください。
ただこれだけの作業ですが、出てこなくなってしまったDVDがドライブより出てくる事があります。
この方法は100%解決できるわけではありませんが、結構有効だったりします。

またiMac以外でMacbookProなどのノートパソコンの場合もできますが、ノートパソコンの場合はトラックパッドをクリックした状態で電源ボタンを押すとDVDが排出される場合がございます。

もし上記の方法で改善しない場合はドライブ自体が故障してしまっている可能性があるために分解が必要となります。
自分で分解ができない場合は修理店に相談をしてくださいね!