MacbookAirの電源が入らない場合はロジックボード故障かも?


MacbookAirに飲み物をこぼしてしまい動作がおかしくなってしまったとの事で修理の依頼がありました。

【 お問い合わせ内容 】
キーボードにビールをこぼした。
タオルでふいて乾かしたが、キーボードが正しく機能しない。
電源は入るし、液晶は問題ない。

 

お問い合わせを頂いてからすぐにMacbookAirを当社まで送って頂きました。
お問い合わせ内容にもありますが、飲み物をこぼしてしまい水没してしまった場合でも拭き取ることまでは問題ないですが、ドライヤーなどで乾かすことは絶対にやめてくださいね。
ロジックボードが乾いてしまうとその時点からチップが腐食してしまい簡単に直る内容も重症になってしまう事がございます。

 

以下の画像はMacbookAirの裏蓋を取り外しただけになりますが、完全に水没してしまっていることが分かるかと思います。

2

 

まずはロジックボードがどういった状態になっているか調査をするためにロジックボード単体で取り外しをしましたが、白くなっている所全てが腐食してしまっている部分になります。

1

 

こちらは表面のロジックボードになりますが、こちらも先ほどの画像と同様にチップ類が腐食していることが分かりました。

5

 

こちらはMacbookAirについているSSDになりますが、コネクター付近が青っぽくなっていますがこれも不足している状態です。
SSDはSATAやIDE規格のハードディスクに比べると衝撃には強い子様になっておりますが、水没にはめっぽう弱いため注意が必要です。

3

 

今回はMacbookAirの電源が入るまではお客様で確認できているということですので現時点で完全にロジックボードが故障してしまっているというわけではございません。
お問い合わせでもある通りキーボードが正しく機能しないということですのでキーボード自体は部品交換が必要になりますが 、後はどこまでその他のパーツが故障しているかで修理をするか買い替えをするか決めていただくのが一番良い方法だと感じます。

 

結果的にMacbookAirの修理は無事に完了することができました。
今回の修理をした内容になりますが、キーボード交換、ケーブル交換、トラックパッド交換がとなり、後は各種洗浄のみで完全にMacbookAirを直す事ができました!

 

パソコンの横に飲み物を置いた状態で使われる方はほとんどかと思いますが、水没が一番故障としては厄介なケースになる場合が多いために注意をするしか対策はございません。
MacbookAirは専用キーボードカバーが販売されておりますのでそちらを使われることもお勧めですが、カバーなしの状態の方が入力はしやすいので何とも言えないですね。

Mac修理店が教える対策方法ですが、万が一キーボード常に飲み物をこぼしてしまい水没してしまった場合はすぐにパソコンの電源を切り対応ができるお店に相談されることをお勧めします。
先ほども記載をさせていただきましたが、水没は時間の経過とともに状況が悪くなってしまいますので考えてる余地はございません。

ロジックボード故障の場合は交換か修理に分かれ、修理の方が料金としては安いですが、修理が出来ない場合はロジックボード交換となり非常に高額な料金になってしまいます。
対応する時間が短ければ修理や補修で解決する場合が多いですが、時間が経過してしまったMacbookAirに関してはロジックボード交換になる確率が非常に高いために早急に対応してくださいね。